クレーン 引越し

 

クレーンを使った引越しで1番安い業者の探し方

クレーン 引越し

クレーン 引っ越し

クレーン 吊り上げ 引越し

クレーン 2階 引越し

 

引越しの時、どうしても玄関から荷物が入らないことがあります。
玄関が狭かったり、廊下がせまい、リビングが2階で階段がある。
冷蔵庫や洗濯機が大きい、ベッドやソファが大きい。

 

いろいろな理由で、ベランダから荷物をクレーンで吊り上げなくてはいけないとき、気になるのはその費用ですね。

 

やはりクレーンでの吊り上げ特殊な方法ですから、普通の引越しよりも費用は上がります。
できるだけ料金の安い引越し業者を探したいなら、引越し業者一括見積もりサイトがオススメです。

 

クレーン 引越し

 

 

引越し業者一括見積もりには、物件の状況を知らせる項目があります。

 

引越しトラックが停められる場所はあるか、エレベーターはあるかなどを入力します。
大きな家財があって、玄関や廊下から運べないなと感じたら、必ず記載しておきましょう。

 

引越し当日に吊り上げ作業が追加になると、時間のロスだけでなく追加料金が発生します。

 

見積もりの時点でクレーンが必要な状況だと記載して、料金を見積もってもらえば安心ですね。

 

良い引越しが出来るといいですね。

 

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加


ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる

ホームズ引越し

不動産情報で有名なHOMES
・あなたに合った業者がみつかる

たくさん見積を取るとさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

 

 

引越し業者と繁忙期

 

引越しの時期

 

引越し業界には繁忙期があります。
繁忙期はズバリ3月です。

 

2月の終わりから段々と忙しくなり、3月は大忙し、4月の上旬までは忙しさが続くのです。
なぜ3月が忙しいのでしょうか?

 

それは4月が新学期のスタートだからです。

 

大学受験を勝ち抜いた新大学生、就職戦線を勝ち抜いた新社会人は、大学や会社に通うために引越しを行います。
その数が半端ないのです。

 

さらに4月の新学期までに春の人事異動で転勤するサラリーマンの引越しも重なるのです。
それはもう引越し業者は毎日てんやわんやで、何とかスタッフを確保しようとするためこの時期の引越しは高いのです。

 

もし時期にこだわりがないなら、繁忙期は避けた方が無難です。
クレーンを使った引越しならなおさら高くなりますので、時期についてもう一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

引越しの手順を知っておくと、無駄が少ない

 

引越し順番

 

引越しは沢山することがあるので、おおまかな流れを把握しておくだけでも無駄がありません。
ぜひ一度引越し前にご確認くださいね。

 

引越し順番

 

引越しといえば引越し業者を決めなければなりませんが、これはまず新居が決まってからがオススメです。

 

なぜなら新居のエレベーターの有無・トラックを停められる位置などによっても引越し料金が異なるからです。
新居が決まってからでないと、正しい引越し料金は計算できません。

 

さて次は不用品をどんどん処分しましょう。
新居に持って行ってゆっくり分別したい気もわかりますが、いらないものを運ぶにもお金がかかるので実に勿体ないのです。
しかし不用品を売ったり、あげたり、捨てたりするにも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場で手続きします。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。
これを出さないと新居での手続きが進みませんので、市外引越しの方はお忘れなく。。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの料金を日割りで精算してもらうことができます。
各会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
もし同じ市内での引越しなら、新居で電気・ガス・水道が使えるように手配をしてもらいましょう。

 

引越ししたら郵便物が新居に届かなくなるというのは困りますね。
最寄りの郵便局で、転送届を提出しておけば郵便物を1年間は新居に転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日に荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
だた貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは万が一の場合に保険で何とかできるものではないので、自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、家財の配置はあらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。
これらは引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
先送りにすると忘れてしまうので、早めに行きましょう。

 

 

引越し業者のオプションってどんなもの?

 

引越し オプション

 

引越し費用は交通費と人件費とオプション費用の合計金額となります。
このオプションというのは、全員には必要ないけどあると便利なサービスのことです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンは配管があるので移設は素人ではできません。
しかし自分で電気業者に連絡する手間と費用がかかります。
引越し業者に依頼しておけば同じくらいの費用で、専門の業者を手配してくれるので簡単でとても便利なのです。

 

ハウスクリーニングは掃除が得意な方であれば自分でもできそうですが、引越しの際には新居と旧居の両方を大掃除する必要があります。
2カ所の大掃除を1人で行うのに、体力的にも時間的にも厳しいときはオプションで依頼することが出来ます。

 

虫が嫌いな方は家具を運び入れる前に、ついでに害虫駆除をしてもらうと安心ですね。

 

 

 

学習机 引越し 介護ベッド 引越し ドラム式洗濯機 配送 2段ベッド 配送 ドラム式洗濯機 引越し